1. TOP
  2. Dropbox(ドロップボックス)の使い方

Dropbox(ドロップボックス)の使い方

まずは、ドロップボックスのサイトへ行って、ユーザ登録(無料)します。
サイトやソフトは日本語ではないです(日本語化もできません)が、ぜんぜん、難しくないので大丈夫ですよ。
アカウントを1つ取得するだけで、複数のパソコンやスマートフォンからも、同じデータにアクセスできるようになります。

dropboxユーザ登録

次に、ファイル共有の同期をとるための、専用ソフトをあなたのパソコンにインストールします。
win/mac/Linux/モバイル用があり、DropBoxのサイト上で無料配布してますので、ダウンロードして、インストールしてください。
(iPhoneやiPod touchをお使いの場合は、Appストアでdropboxと検索すると出てきます)
インストール後にDropboxを起動すると、アカウントログインを求められますので、先ほど登録した情報を入力して、ログインしてください。
一度、ログインしたらそのまま記憶しておいてくれます。また、スタートアップに自動的に登録されますので、次回からは、ソフトの起動を意識することなく使えます。
どうやら、マシンパワーの低いパソコンでは、メインメモリ容量を食うようですので、グラフィックソフトを使っていたり、他の処理が重たいソフトを動かしているときは、一時的に停止しておくとよいでしょう。

ドロップボックスの使い方

Dropboxは、専用ソフトをインストールしておくと、マイドキュメント内のフォルダとして、使うことができます。
ドキュメント内にDropBoxフォルダができます(vista)
通常、ネット上にファイルを保存しようと思ったときには、ファイル選択して、FTPソフトを使ってアップロードという手順が必要だったのですが、ドロップボックスの場合は、通常のファイル操作と同じようにすれば、WEB上に保存されます。
winでいえば、ネットワーク共有フォルダのような感覚ですね。まさしく、オンラインの外付けHDDで、DropBoxのソフトさえインストールしていれば、アクセスできます。
ただし、ファイルをコピーするつもりが、フォルダ移動だったりしますので、その点だけ、気をつけてください。
ファイルを更新したり、新しいファイルを追加したり、ファイルを移動したり、削除したりすると、インストールしておいたソフトが勝手に同期をとって、最新の状態にしておいてくれます。
フォルダ参照したい場合は、モバイル機器、それぞれに専用ソフトのインストールが必要ですが、1つのアカウントだけで、さまざまなモバイル機器から、ネットにつないでさえいれば、いつでもどこでも利用できます。
ドロップボックスのソフトをインストールできない場合は、ネット接続しているパソコンのブラウザで、DropBoxのサイトにログインすると、Dropbox内に置いておいたファイルを参照したり、ダウンロードしたりもできます。これが便利なんですよね。
ちなみに、publicフォルダに入れておけば、そのURLを知っているひとだけがファイルをダウンロードできるので、ちょっと大き目のファイル容量のものを送るときに活躍してくれます。
他にも、同じドロップボックスユーザ同士で、フォルダを共有することができます。
ところが、たとえば、相手方の1.5GBのフォルダを共有すると、自分の容量1.5GBも消費してしまいます。この点、見逃しがちなので、お気をつけくださいね。
DropBoxの容量についてはこちらの記事もご覧ください
実は、ドロップボックスは無料で使えるファイル容量が2Gなので、がっつり利用するには、ちょっと物足りないんですよね。
それくらい、便利すぎて、使い始めたらやみつき!なのがDropboxですよ。
2Gまでは利用無料です。
ユーザ登録(無料)はコチラからどうぞ
ちなみに、有料にすると50GB($99/年)と100GB($199/年)です。

http://www.appbank.net/2017/03/09/iphone-application/1319207.php

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

週刊モテブロの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週刊モテブロの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

週刊モテブロ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • XREAでワードプレスを無料でSSL化する方法

  • タブレットでLINEにログインできなくなったときの対処法

  • XreaとCoreServerとvalue-serverどれがいい?

  • 「新しいタブ/ウィンドウで開く」の罠

関連記事

  • Chrome版TweetDeckの使い方

  • ファイル拡張子を表示させるには?

  • GoogleAnalytics利用ガイド

  • PDF形式のファイルを閲覧する方法

  • OpenOffice.org日本語版

  • PDFレポートの作成手順と省力化のコツ