1. TOP
  2. 個別詳細解説
  3. OpenOffice.org日本語版

OpenOffice.org日本語版

【無料】オープンオフィス日本語版 ダウンロード
オープンオフィスのダウンロード
MicrosoftOffice製品であるWord(ワード)、Excel(エクセル)といったファイルも閲覧、編集、保存ができるようになる無料のアプリケーション。【こちら】のサイトで無料でダウンロードでき、あなたのパソコンにインストールすることで、使えるようになります。
.docや、.xlsといった拡張子のファイルが見たい、編集したい場合に使います。
このソフトはJavaを利用しており、これが原因でパソコンそのものの動作が遅くなることが予想されますので、OSはXP以降をおすすめします。もちろんVista対応してます。
また、オープンオフィスに含まれる複数のオフィスソフトは、PDF形式でのファイル出力にも対応しているので、無料レポートを作りたい場合には必須のアプリケーションです。
つまり、つかえない「クセロPDF」なんて使おうとしなくても、無理に日本語版にしてるうえに.NETFrameworkが必要な「PrimoPDF」じゃなくても、低価格ではあるがリスクも高い「いきなりPDF」なんていうおそろしいソフトを買わなくても、オープンオフィスWriterという無料のソフトを使えばPDFレポートも簡単に作れるのです。
マイクロソフトWordとほぼ同等の機能があるのが「OpenOffice Writer」なのですが、まったく同じインターフェースではありませんので、注意が必要です。

すでにMicroSoftオフィス製品をよく使っていて、どうにもオープンオフィスのインターフェースが使いづらいという方は、キングオフィス2007という有料ソフトがおすすめです。かなりWinソフトに似ています。また、30日以内なら無料で使えます。

\ SNSでシェアしよう! /

週刊モテブロの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週刊モテブロの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

週刊モテブロ編集部

関連記事

  • Dropbox(ドロップボックス)の使い方

  • LINE@のプレミアムIDの解約方法

  • 楽天銀行の法人口座のログイン情報を忘れたら

  • PDF形式のファイルを閲覧する方法

  • skype障害につき・・・代替手段を調べてみた

  • 圧縮・解凍ソフトLhaplus(ラプラス)