1. TOP
  2. アメブロ
  3. 【アメブロ】リブログのすべて

【アメブロ】リブログのすべて

 2019/03/26 アメブロ
  99 Views

Ameba公式のリブログのヘルプページがよくわからないので、やり方を画像付きで解説しました。

うまく利用すれば、とっても有効なリブログ機能を使いこなしてみましょう。

※tumblr(タンブラー)のリブログ機能についての解説記事ではありません

リブログって何

リブログとは、アメブロの新機能です。

WPでいうところのブログカードのような見栄えで、他のアメーバブログユーザが書いた記事へのリンクを、自分のブログ記事内に貼り付けることができます。

リブログした事例>

また、自分がリブログしたり、他のアメブロユーザからあなたの記事がリブログされたことが表示されて、関連性がある記事であることを示すこともできます。

記事の右下にある「リブログ一覧」リンクを押すと、どのブログ記事にリブログされたのか?を知ることができます。

自分の記事をリブログしてもいいですし、他のアメーバブログユーザーのブログ記事をあなたのブログ記事へリブログすることも可能です。

リブログの意味って?

機能面での意味としては、関連記事であることがわかること。

また、他の記事にインスパイアされて自分も書いた!ことを、オリジナル記事を書いた方にお知らせする意味があります。

特に他者の記事に関してリブログする場合は、悪用厳禁!ですので、ここぞ!というときに使うようにしましょう。
マナーについては、あとで取り上げますので、このまま下へスクロールして行ってください。

リブログのやり方

リブログしたいなーという記事を見つけたら、記事下にある「リブログ」ボタンを探しましょう。

ブログオーナーがリブログ許可していた場合にのみ、リブログボタンが表示されています。
リブログボタンが出てないときは、リブログできません。

PC

スマホ

リブログの仕方は、この「リブログ」ボタンを押すだけです。
すると、この記事をリブログした状態で、記事を書く画面が開きます。

ブログカードの前後に、テキスト文章や画像を入れられますので、通常通り、投稿してください。

なお、リブログは1記事につき1つが基本です。

このため、1記事内に、複数のアメブロ記事をリブログしたいときは、ちょっと複雑なやり方になります。詳しくはコチラのリンクをクリックして、こちらの記事をご覧ください。

自分のアメブロでリブログを許可するには

ブログ内の全記事単位でのON/OFF設定です。
自分がリブログ許可してなくても、誰かのリブログOK記事をリブログすることができます。

はじめはリブログOKにしてて、あとからOFFにした場合も、元記事は編集されず、そのままです。

PC版
アメブロ管理画面で、左メニューの下にある、歯車マークの「設定・管理」をクリックしてください。

「リブログの設定」の項目があるので「受け付ける」にチェックをつけて、ページ下の緑色の「保存」ボタンを押します。

スマホアプリ版
ブログ管理のトップ画面を開き、右上の歯車マークをタップしてください。

下へスクロールすると、「リブログの受付」欄がありますので、こちらで変更して、さらにページ下へスクロールして「保存」ボタンを押してください。

他のアメブロユーザーAさんの設定が、リブログ許可になってないと、あなたはAさんのブログ記事をリブログすることはできません。

また、記事単位でリブログ拒否の設定にすることもできます。

PC版

※スマホアプリ版は次回リリースで対応予定とのこと

リブログ履歴を見るには

PC版
アメブロ管理画面の左メニュー下の方に「リブログ履歴」のボタンがあります。

スマホアプリ版では、「リブログされた記事」で一覧を見ることができます。

この履歴ページでは、自分がリブログした記事と、自分の記事を誰かにリブログされた履歴が、ごっちゃになって時系列に並んでいます。

左側のアイコンで、誰がリブログしたか?がうっすらとわかるようになっています。

リブログのマナー

リブログは、アメブロユーザー同士のコミュニケーション機能のひとつです。

たとえば、相手のコメント欄で自分語りを長々として「場違いな自己主張」をするよりも、リブログした上で、ご自身の話をご自身のブログ記事にしたためた方がよいです。

リブログが必要な時は?

引用元をはっきりさせるべきとき

引用元の文章をまるごとコピーしてあなたのブログ記事に貼り付けることは、著作権違反になります。

このため、引用元をはっきりさせるためにリブログ機能を使います。

あなたのブログのフォロワーさんのために

また、あなたが「この記事、いいな!」と思ったのであれば、ぜひ、リブログしてあなたの意見も追加したうえで、ご自身のブログ記事を投稿しましょう。

これにより、リブログ元の話とあなたの記事の話がリンクしていることが、ブログ読者さんにわかりやすくなります。

リブログだけしてコメントの一つも書かない「紹介」は、あまり読者さんに好まれませんのでご注意ください。

twitterのRTのような扱いをしてはいけないということです。

セミナーレポートを書くとき

セミナー参加して、そのレビューを書くときは、主催者のアメブロ記事をリブログしましょう。

一緒に参加した仲間も書いているようなら、複数のブログ記事をリブログするのも互助的で良いですね。

勝手にリブログしていいの?

基本的に、リブログ許可しているブログ記事は誰でもいつでもリブログしてOKです。

わざわざ、メッセージしたりして、「リブログいたしますが、よろしいでしょうか?」と許可を求める必要はありません。

もちろん、あなたがリブログしようとしているブログオーナーさんがリブログ許可であるにも関わらず「勝手にリブログ禁止!事前許可を得よ!!」っていうルールにしていらっしゃるのであれば、従ってあげてください。

基本的に、リブログボタンが出ているブログ記事は、誰でもいつでもどこでもリブログしてOKです。

勝手にリブログされた!?

あなたのアメブロをしっかりと読んでもらえてる証拠。
あなたのブログネタが誰かの琴線に触れた証拠でもあります。

喜んでくださいね。

あなたが気に入らない記事にリブログされることもあるでしょう・・・

そんなときは、リブログを非公開設定にしてください。削除したのと同じ効果があります。

PC版

スマホアプリ版も、リブログされた記事のタイトルをタップすると次の画面で非公開を選べます。

非公開にすることで、あなたのブログ記事にリブログ先の記事の情報が表示されなくなります。

ブログの全体設定でリブログを拒否することもできますし、また、記事単体でも拒否できます。

お礼はすべき?

リブログされてうれしい!でも、どうしたらいいの・・・!?だとは思います。

素敵な記事にリブログいただいた場合は、相手の記事のコメント欄で
「リブログありがとう」をお伝えしたらいいと思います。

記事に対しての一言コメントをつけると、より良いですね。

そこまでしなくていいな、と思うのであれば、特にお礼の言葉は必要ないです。

ただし、例外があります。

リブログしていただいた方のおかげで、
1:あなたのアメブロのPVがめーっちゃ!上がったとき
2:フォロー(読者)が増えたとき

といった効果があった場合は、必ず、お礼コメントかお礼記事を書いて感謝を伝えるようにしましょう。

アクセス持ちのひとに目をかけていただいたということなので、ちゃんと礼儀をもって応対しましょう。

あなたのフォロワーは、あなたの行動を見ていますよ。

以上、アメブロのリブログ機能についての解説でした。

1記事で、複数のリブログをする場合についてはこちらのリンクをクリックしてください。

\ SNSでシェアしよう! /

週刊モテブロの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週刊モテブロの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

週刊モテブロ編集部

関連記事

  • WMAの編集を無料でやる方法

  • LP製作用wpテーマ「カラフル」について

  • 便利ツールまとめ

  • WPで作ったサイトにアクセスすると勝手にURL転送される

  • ダウンロードまとめ

  • 特典案内