1. TOP
  2. 【無料】ワードプレスからアメブロに記事連携するプラグイン

【無料】ワードプレスからアメブロに記事連携するプラグイン

2015/1/19追記
このプラグイン、有償化されました。月額かかります・・・


2012年10月に調べていたときは、

1.metagatewayという中継サイトを使って、
2.WindowsLiveWriterを使って、

アメブロとワードプレスに同時投稿する、っていう方法があったんだけど

久しぶりに、metagatewayにログインして投稿してみたら、「通信中にエラーが起こりました。」とメッセージが出て、投稿できなくなっていました。

しかも、新しいアメブロアカウントが登録できない状況に。

ちなみに、metagatewayを使うことで投稿記事の最後に、宣伝文が強制的に入ってしまうので、誰にもおすすめできず、でした

いろいろとネットを調べてみるとmetagatewayは、アメブロ側のAPI変更により、2013年10月くらいで、アメブロが使えなくなってしまった模様。

でも、「ワードプレスとアメブロの連携」で、他のキーワードを探してみたら、ありましたよ!
使ってみたけど、マジで神プラグインだわ。私が有料で売りたいくらいw

アメブロ自動投稿プラグイン『アメーバプレス』
http://cowabunga-app.com/

メルアド入力したら、メールで配布DLがお知らせされます。

プラグインをダウンロードして、自分のワードプレスの左メニュー「プラグイン」→「新規追加」→「アップロード」から、インストールします。

有効化すると、左下に「アメブロ設定」っていうメニューができているので、これを開くと、アメーバIDとログインパスワードを入力して、画面下の「設定変更」ボタンを押します。

18550680457c5d99593c2349f72bfd51
※最大5つアメーバIDを設定できるので、記事を振り分けて投稿することもできます。

で、実際に、記事投稿するときに、一番右上に「アメブロに同時投稿する」のチェックボックスがあるので、投稿したいブログにだけチェックをつけて、あとは、「公開」ボタンを押します。

投稿するにチェック

連携したアメブロ見て、ちゃんと記事が連動したかどうか、確認してね。

ポイント

1.ワードプレスで記事投稿するときに、MOREを使いましょう
MOREまでの前半部分が、アメブロに記事として投稿されます。もちろん、元記事(ワードプレス)へのリンクもアメブロ記事の末尾に自動的に掲載されます。この機能が欲しかったの!w

2.ワードプレス側を編集すると、アメブロも同時に更新
連携した記事を、記事タイトルを変えたり、MOREの前のところを書き換えて、「更新」ボタンを押すと、アメブロのほうも、ちゃんと連携して変更されています。
ただし、「連携する」チェックをはずして、更新ボタンを押したら、「連係解除されてアメブロ記事が更新されない」だけでアメブロ記事は削除されません。(アメブロ記事を編集してた場合は、連携はずしたほうがいいね)

3.ワードプレスにアイキャッチ画像を設定しておくと、同じ画像がアメブロにアップロードされます

4.アメブロのテーマ(カテゴリ)は選べません。(ややこしいw)
アメブロのテーマの順番【0】固定です。逆に言えば、0番に設定してあるところに、連携記事は入る、ということです。

必要最低限のシンプルな仕組み。ほれぼれします。
こういうのが、欲しかったのよ~

月額制の「アメプレス」を使うべきか!?って悩んでたけど、無料プラグインひとつで十分でした。

<なお、配布終了になっているWP→アメブロ連携プラグイン一覧>
ameba-post
ameba-auto-press
add blogs

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

週刊モテブロの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週刊モテブロの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

週刊モテブロ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • XREAでワードプレスを無料でSSL化する方法

  • タブレットでLINEにログインできなくなったときの対処法

  • XreaとCoreServerとvalue-serverどれがいい?

  • 「新しいタブ/ウィンドウで開く」の罠

関連記事

  • ワードプレス本体のバージョンアップ時の注意点

  • WordPressのインストール注意点

  • ひとつのWPシステムで2ブログ運用する方法