1. TOP
  2. XREA:CORESERVER
  3. 有効期限切れでサーバーアカウントが削除されたときの対処方法

有効期限切れでサーバーアカウントが削除されたときの対処方法

結論からいうと「契約切れで削除されてしまっても、中身は全部、戻ってくるよ!」です。
XREAだと、有料期間が過ぎると無料プランにダウングレードされます。
このとき、サーバ容量が少なくなってしまうので、MT(など、ファイル容量を食うシステム)を複数インストールしていると痛い目にあいます。

それはさておき、コアサーバーのとき。
つい、うっかり。
更新期限が過ぎてしまうと、ざっくり全部、削除されてしまいます。

何度かやってしまい(あぁ、しまった・・・)と、必死でバックアップから復帰させていたのですが。
先日、知人が「問い合わせフォームから、すぐに契約するんで!って頼めば、戻るよ」とアドバイスくれたので、そのとおりにしてみました。

数時間後には、すんなり、戻ってきました・・・

cronの設定も、サーバも、DBも。FTP接続時のパスワードもそのまま使えました。
戻ってきてからも、ちょっと時間を置いたほうがよいようです。
ただし、DNSの設定だけは消えたままだったので、それだけ復帰させてくださいね。

追伸>
戻ってくるのは1回だけですので、何度も戻ってくる!とは思わないでくださいね。
同じのを連続してすぐ消されちゃったときは、無視されました・・・

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

週刊モテブロの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

週刊モテブロの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

週刊モテブロ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • LINE@友達の解除方法【2018年最新版】

  • iCloud.comにメールが届かない

  • 【2018年3月最新版】Facebook個人アカウントをFBページに切り替える手順

  • 【2018年最新版】有料マガジンの発行にかかる手数料一覧

関連記事

  • アクセスアナライザーのエラー

  • CORESERVER

  • ss1.xrea.comは不正なセキュリティ証明書を使用しています

  • EasyBotterのcron設定

  • 無料サーバーアカウントが取得できない

  • rbashを、chshコマンドでbashに変更する方法